やったねパパ、明日もピーゴロだ!!

2021年9月1日


二か月ちょっとぶりの東京・赤坂。TBSの局舎がそびえ立ち、その周辺には収録スタジオが点在する業界系の顔を持ち、また溜池山王周辺を含む都内有数のオフィス街でもあり、界隈には飲食店が多い。それなのに、自分はかれこれ12、3年も同じ店に通い続けているというのだから物好きと言うか、新規開拓が下手と言うのか、とにかく芸がないのだ(それだけ気に入っているということになっている)。そんな自分が、さすがにあまりにも同じ店に通い詰めるのも何だか変かなあと今さらながらの気まぐれを起こし、用事を済ませてフラフラと徘徊して見つけたのが・・・別の火鍋屋(笑)。いや、長年食べ慣れて自分の中でもはやスタンダードになってしまっている味覚を今こそ客観的に観察出来るチャンスだ、と考えていそいそと入ってみる。一人用のランチセットなのに鍋になみなみと注がれたスープ、豊富な野菜類と追加オプションの多彩なメニュー、そしてちょっぴりの肉(さすがに少ない!)。つけダレもあって本格的。自分が2006年に東京・東新宿の「麻辣TAN」で初めて火鍋を食べた時の鮮烈な記憶が蘇ってくる。(これは本式だぞ!)と感じたのにスープは小辛ではなく中辛にしてしまったのが運の尽き。しっかり、ガッツリと、手加減の無い「ネイティブな」辛さである。ああ、チョイスをミスってしまった、でも後戻りはできない(なんで?)、咳き込むのを我慢しながらソロリソロリと食べ進める。やるまいぞやるまいぞ、もう、ゆるいて(?)、野菜はちょっと残したけれど、ご飯も麺も完食しました。あぁ、もし次また来る事があるのなら、迷わず小辛にしよう。。。。と思いつつ、帰路についたのでありました。

帰宅後、お腹の調子が・・・そうだった、あの時も脂汗をかいて悶絶しながら電車で帰宅をしたんだった!火鍋には免疫が出来たと思っていたけど、いつ何時でも、油断は禁物です。


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示