はっけんぼくのまち。

2020年8月21日


やっと見つけました。60種類もある懐かしワード、色々あるけれど個人的に引っかかるのはこれぐらいかなあ。「ちかれたびー」とか懐かしすぎるわ。しかし考えてみればその時々の流行語って自分は好んで使うことがないんだな。やたらと多用する人は逆に信用が置けない気がする。以前「win-winで」とか「ほぼほぼ」とか会話の中に繰り返し盛り込む人が居たけど、何だか胡散臭かったなあ。「濃ゆい人たちがね・・」という言い方も嫌い。日本語を崩して楽しむなんて所詮は一過性のもので、そういう言葉に飛びつくのは何だか、空しい。