音楽の力。

2020年4月28日


10分にも及ぶ長尺ながら、何とスリリングで心地良いサウンド!!ブラスセクションの迫力と美しさを堪能できる一篇になっている。必見。ハイノートのエリック・ミヤシロ氏の指揮によるブルーノート東京・オールスター・ジャズ・オーケストラの宅録演奏。これだけの大所帯がそれぞれ別の場所でプレイしたものをシンクロさせるのはもちろん、ミックスダウンも大変だったろう。自分はドラマーだからどうしてもドラムに目が行ってしまうけれど、セクションによっては二者のドラムがミュートされていたりして、その辺りの配分も指揮者の腕が物を言うのだろう(ピーター・アースキン、川口千里、則竹裕之と三者三様ながら素晴らしいプレイが聴ける(・・・と言いたいが、則竹さんのマイキングはもう少し何とかならなかったのか?)。コロナ禍は世界中を恐怖の底に陥れているが、そんな中であったからこそ聴ける夢の競演。歓喜に満ちたホーンのアンサンブル、心から堪能したいね。


3回の閲覧

Copyright © 1999-2020 RYUSAKU CHIJIWA. All Right Reserved.