青天の霹靂。

2021年11月14日


20数年来利用しているオークションサイトやフリマサイト。商品画像や子細な説明を頼りにするとはいえ実物を見ることなく落札するわけだから、時によっては思っていた物とは違う「ハズレ」を引く格好になる時がある。でも古着などはそのあたりも織り込み済みでポチるわけなのでまぁ仕方ないと諦めもつくレベル。ごく稀にやってしまうのが、興味はあってもそんなに欲しいという思いが強いわけではないアイテムを半ば冷やかしで入札したのに落札してしまうという、ある意味事故。だとしても、まあ仕方ないかと思えるのはTシャツ程度のもの。しかして今回は・・・何と、誰も弾けないエレクトリックギター!!だって、色が綺麗だったし、ギターと言えば自分の場合レスポールが最も憧れだったこともあって、値段がどう推移するのか興味があっただけなのだ・・・安物(二万円程度)とはいえ細かく入札されていたので、俺もちょっと乗っかってやろうと終了間際に軽い気持ちでボタンを押しただけなのです・・・。私はドラマー、奥さんはベーシスト(兼キーボーディスト)、弦楽器経験者の奥さんはコードを押さえる真似事は出来る程度という。よし、やってもらおうじゃないの(笑)。20代の頃、40の手習いでピアノを習うぞ!と心に決めたはずなのに、その年齢も大きく上回ってしまっているとはいえ、ギターというのは思ってもいなかった。勿論弾けたらいいな、という淡い思いは抱いていたけれど、(落札してしまってからも)今じゃないよな・・・という思いが消えない。さあ、我が家に嫁ぐことになった美しいブルーベーリー・バーストのエピフォン、レスポール・スタンダード君の運命は果たしていかに!??



9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示