追悼・和泉宏隆さん。

最終更新: 4月29日

2021年4月28日


朝、飛び込んできたニュース。日本を代表するフュージョンバンド、THE SQUARE(初期)からT-SQUAREに長らく在籍されて幅広い活躍をされていたキーボーディスト、和泉宏隆氏の訃報に「ええっ!?」と声を上げて驚いてしまった。享年62、あまりにも早過ぎます‥。自分は人気を二分するCASIOPEAを中学生の頃から追いかけてきたのでT-SQUAREについては決して詳しいわけではないけれど、セッションやライブで折に触れてその作品に接する機会はありました。とにかくピアノが美しい、アップテンポでもスローなバラードでも、大音量のエレクトリック楽器に埋もれるどころかソロもバッキングも輪郭のクッキリしたサウンドで聴く者を魅了してくれました。高校時代によく聴いていたアルバム「TRUTH」の曲がどれもカッコ良く、当時クラスで文化祭で上映する映画を撮影することになって(自分は監督と脚本)そのオープニングテーマにはカシオペアではなくスクェアの「CELEBRATION」を使ったのだけど、そのアルバムを締めくくる「TWILIGHT IN UPPER WEST」が素晴らしく綺麗な曲だったのが鮮烈に印象に残っていて――これが和泉さんの曲でした。YMOに始まって爆風スランプ、BOOWYや浜田麻里のコピーやオリジナルのコミックバンド等しか経験がなく、初めてフュージョンバンドで演奏したのが専門学校二年の時。そのライブのオープニング曲が和泉さんの初ソロアルバムのこれもオープニングナンバー「DOUBLE RAINBOW」でした。自分のドラム、ダブルが踏めたり踏めなかったりとまだまだキャリア不足の部分が露呈していますが、和泉さんのピアノの美しさの片鱗を味わっていただけるのでしたら幸いです。


※実は和泉さんがお亡くなりになった26日、この自分のライブの事を思い出して久しぶりに原曲が聴きたいなと動画サイトをあれこれ検索していました。数年前には上がっていたと思いましたが、DOUBLE RAINBOWは見つからず。今回アルバム(「AMOSHE」)ごとダウンロードして改めて聴いています。虫の知らせというものだったのでしょうか‥寂しいです。


和泉宏隆さんのご冥福をお祈りいたします。


74回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示