top of page

警告済み。

更新日:4月29日


2024年4月26日


若いスタッフに「あの人が千々和さんに対してスパルタなのが見ていて嫌(な気分になる)です」と言われた。そのスタッフと別の人からも「言い返せばいいじゃないすか」とも言われているが、仕事上の事で厳しく言われるのは職場なのだから仕方が無いとぐっと飲みこんでいるが、「何しに来たの?」とか「言ったよね?」などと繰り返し言われたり、さらに別の先輩が使っている小型のタブレットを自分も真似て使ってみようと持ってきたら「そういうのは邪魔だからしまっておいた方がいいんじゃない?」と言われたり、疲弊してギリギリの気力、体力をなんとか振り絞ろう!と思うところにそうした言葉をネチネチと投げつけられると何をモチベーションにしていいのかわからなくなってしまう。仕事を始めて一週間も経たない時期に「こんな扱いを毎日受けるのであれば進退を考えます」という自分の考えを上層部に伝えているが、大した問題ではないと捉えられているようで具体的な解決策は講じられぬまま現状は変わっていない。ブログに仕事上のおかしなことは書くなと言われたが、自分がずっと我慢していること、その思いはもう限界にきていることをここに書いておく。実際仕事場は(日にはよるが)戦場さながらでみな疲弊し切っている。業務に支障を来す訳でもない個人の意見など真面目に聞いているヒマなどないだろう。しかしね、それは一企業としてコンプライアンス的にどうなんだ。現実として精神的に参っている人間がいるのに、昨日今日入って来た役に立たない人材よりはフラフラと仕事をしている身内の方が組織全体の将来のためには大事らしい。普通の一般企業ならとっくにクビになってるぜ。こちらは早く仕事を覚えて戦力になりたいと思って頑張っているが、必要とも思われていないみたいなので(人手が足りないように見えるが?)、この先の成り行きによっては確固たる意志を示す必要が出てくるだろう。何も知らなかった、気づかなかったとは絶対言わせないからな。



閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page