top of page

誰のために?

2024年5月4日


今日はほんの少し時間に余裕があったので仕事前に細かな仕込み作業。一カ月ほど前に手を入れさせて下さいと願い入れていた職場のクローゼット用の整理用。大袈裟なものではなく前職のホテルのフロントで実際に運用されていたやり方をそのまま持ち込んだ格好。この方が効率的だしスマートだから少しは喜ばれるだろうと思っていたら、「色々やってくれるのは嬉しいですが趣味の延長じゃないんですから、ここはきちんとした職場なんですから」と釘を刺されてしまった。手を入れるという話が完全に忘れ去られ、自分はお節介で要らないことをしている人間になってしまった。これは何のためにやるのか?分かりやすく、煩わしさを無くしてやりやすくするのが一番の目的なのに・・・話が違う!それと、多忙で手が離せなくなると誰もが殺伐とした空気感で人に接するのは止めましょうよ。どんな仕事であれ忙しく大変な瞬間こそ冷静に、言葉も物腰も柔らかく振るまうというのが自分の理想。実行するのは難しいとは思うけれど、少なくとも自分は苛立って人に当たるということはやったことがない。誰かにゆっくりと寛いで貰うつもりならば、まず自分が優雅に振るまわねば。


閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page