突貫工事で行こう。

2022年8月9日


仕込み二日目。日中は仕事のため昨日の個人練の整理も反芻も出来ていないのに日を置かずスタジオ入りするのは、感覚を忘れないため。即座に演奏に対応できる身体にしておくためのこと。セッションは一発勝負、サウンドチェックもリハーサルもない。本番で手足が動かなければその場は台無しになる。自分は良くてもほかのプレイヤーに迷惑がかかることだけは避けたい・・・楽しいはずのセッション、されどそれを楽しくするための準備が大切なのだ。今日は新曲の仕込み中心。急遽決まったメニューで、たかだか一週間でフュージョンの曲を覚えて行くというのもかなり無茶なんだけど、やってやるぜという闘志も湧いてくる。

どうせやるなら拍手を受けたいしね。さて、本番当日はどうなりますことやら――!?



閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示