生きるしかないんだ。

最終更新: 6月30日

2021年6月30日


あまり話題になっていなかったようだけど、数日前に「全裸の男が突然、車の運転者に襲いかかる」というニュースを映像で見た。自転車で迷惑運転をするひょっこり男とか、数年前に世間を騒がせたあおり男なども報道されていたけれど、今回はこれまでにないインパクトがあり、心の底から恐ろしいと思った。あれでは無抵抗のまま殺されてしまうかもしれないという恐怖を感じた。何という世の中になってしまったんだ、自分の身は自分で守らなければいけない。通り魔に襲われてナイフで刺されても、上級国民が運転する車に轢き殺されても加害者の擁護が優先される時代。死んでもまったく浮かばれない。それならば生きるしかない。「ああ、運が悪かったんだね」などと思われるような人生の終わり方はしたくない。

――というわけで、気休めでしかないのだけれど「頑丈なライト」を買ってみた。これを奥さんが運転する車に常備させることにしよう・・・いや、これを取り上げられたら逆に危険が増すのか・・・自衛とはどのようにすればよいものか。人間とは弱く、脆く、非力だ。



18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示