戻ってきた日常。

2022年2月4日


地元駅から電車を乗り継いで約70分の遠征、とりあえずは一週間が終わりました。昨年の11月半ばから迷走また迷走の繰り返しで大変でしたが、ようやく腰を落ち着けて日常生活を送ることが出来そうです。このブログでも全容は書いていないけれど、自分が何をやっても駄目なのだという現実に心身ともに疲れ切ってしまい、本当に辛い日々でした。怠惰な生活でちょっと太ってしまったから、それも元に戻さないといけません。と、日々利用している都営地下鉄大江戸線は1991年開業と他の路線より後発であるためほとんどの駅のホームが地下深くに設置されているのだけど、通っている六本木駅は何と地下42メートル!日本で最も低い場所にある駅とあって、二度乗り継ぐエスカレーターがとにかく長い長い。自分は乗り換え時間の短縮をはかるため階段を使うのだけど、これがなかなかいい運動になる。「大江戸線」という呼称は故・石原慎太郎氏の強い推薦があって命名されたものだが、当初第一候補だった「東京環状線」の愛称にゆめもぐらと付けたくなるのも頷けるというものだね(いずれも白紙になった)。ダイエット効果を期待するにはよほどの距離を歩かないといけないだろうけど、手始めとしてはいい運動になっているんじゃないかな。規則正しい生活はもちろん、頭脳労働と言うのがいい。やっぱりガテン系は無理があり過ぎたということ!


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示