我こそは、利き弁当師。

2020年2月18日


港町ヨコハマに根ざす老舗企業として、渦中の大型クルーズ船の乗員・乗客に対して最大級の心意気を見せたものの、正しい手続きを踏んで提供したはずの弁当が行方知れずになっているという先日のニュースにはとても落胆させられた。神奈川県民にとっては地元の誇りである崎陽軒のシウマイ弁当を、改めて味わいながらいただこう・・・と思って買ってきたのは東京工場謹製のもの。パッケージが紐掛けになっているかかぶせ蓋になっているかだけの違いながら、自分はこれまで常に横浜工場の物を食してきたので、中身にどこか違いはないかなと思いつつ口に運んでみたが、ご飯が柔らかい!鮪の漬け焼きがふんわりしている!!違う違う、俵型のご飯はカチカチで、鮪は鉛のように固いというのがいつものシウマイ弁当ではないか(何気にディスってる?)。これってたまたま今回だけの個体差なのだろうか。おかずの品目は同じでも、自分にとっては全くの別物を食べたかのような違和感が残ったのであった。これは、横浜工場製造の物をもう一度食べて検証してみる必要があるそ!!