我が家にて、鰻とり食(め)せ。

2020年11月5日


土用の丑の日に限らずどんな季節でも鰻を戴いているけど、実際にお高い店で食べる機会というのはそうそうないもの。スーパーで買ってくるほかはなか卯、手近で済ませたい時にはすき家でテイクアウトをしたりしているので、時々は本格的なものを食べたい!という欲求にかられることがある。ひと頃、定期的に参加していたセッションで知り合った方がSNSで紹介していた静岡県は清水区の鰻屋さんが安くて美味しい!と評判だというのを知り、それならばお取り寄せしてみようと思い立つ。一串が2,200円+税。ここのお店の名物が蒲焼と白焼きが半分ずつ乗った「極み重」というのを再現するべくそれぞれを一串ずつ注文。さらにはより雰囲気を味わいたいと考えて可愛いデザインの重箱をネットで探してこれも注文。と、肝心の鰻は何故だか100円値上がりしている上にクール宅急便の配送料と代引き手数料が加わり、これなら普通に「野田岩」に行って食べられるぐらいにお得感が全くないコストのかけ方をしてしまった(何やってるんだろうね)。それでも自宅の居間で人気店の味が楽しめるというのは結構な贅沢。当たり前だと言われそうだけど、やっぱり美味しいよね。コロナ禍は人々の生活をあらゆる面から脅かしているけれど、こうしたお取り寄せが気軽に出来るということ、これだけが予想もしなかった小さな小さな恩恵と言えるのかも知れない。

(半身の大きい部分は奥さんに回したので、自分はいずれとも尻尾の部分。)