夢の続きを。

2021年6月26日


Paul Smithのキーケースがかなりヘタってヨレヨレになってきたので、ここらで新しい物にするか!と思い、考えついて手に入れたのがこちら――刻印は「ポルシェ」と読める。特にマニアでもないし我が家の車はハスラーくんだし、何故これを?と聞かれれば、そう、敬愛する高橋幸宏氏が25年以上も連れ添っている愛車が1992年型の「ポルシェ964カブリオレ」なのだ(まだ続いてましたこのシリーズ)。さすがにこればっかりはミーハーでポルシェのオーナーになれるはずもなく、せめて少しでもあやかって身近なところに「ポルシェ分」を漂わせていたいというだけの話。で、このデザインだとちょっと地味だなと思いエンブレムを貼ってみたという次第(ケースともども純正ライセンス商品!)。革は薄手でとても柔らかく、おのずと雑に扱わないように慎重になります(エンブレムも取れちゃいそうだし)。


そしてこちらもオフィシャルのノベルティグッズであるクーラーケース。コンパクトで使い勝手が良いサイズ。ハンドル付きだけど非常に軽い。次回の軽井沢行きで活躍させる予定!


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示