変わりゆく風景。

2020年11月2日


週末、久しぶりに奥さんと下北沢へ。古着屋めぐりで時々訪れているからそんなにご無沙汰だったという気はしなかったんだけど、駅中にオープンしたテナント「シモキタエキウエ」を見るのは今回が初めて。調べてみると、オープンはちょうど一年前のこと。え、そんなに長いこと来ていなかったっけ・・・思い返せばコロナ禍で外出自粛は長かったし、気づかぬうちに足が遠のいていたのだと思うと何とも複雑。しかし街の再開発は少しずつ進み、かつての下北沢とはまた違った景観が広がりつつあるのはいいことだ。ただ、ここに至るまでの期間があまりにも長すぎたきらいもあるよね。ぽっかり空いた駅前のスペースや線路跡の土地がさらに整備されるまでに10年、20年を要するとなれば自分は70歳だ。これからの時代を担う次の世代の若者の街になるんだなと思うと、ちょっと寂しい気もするな。とはいえ、土曜日のシモキタはかなりの人出。人気の古着屋は入場制限までしていて、コロナも何もあったものではないという感じ。自分はとても状態の良いラルフのカーディガンを見つけてゲット。気に入って長年着続けてきたKLEIN PLUS(ミッシェルクランのセカンドライン)の一着が色褪せてすっかりくたびれてしまったのでその代用品を探していたので、嬉しい。