変わらない風景。

最終更新: 5月9日

2020年5月8日(金)


午前5時の空。日中は暖かい日が増えたけれど、今朝は冷えるね。寒暖は一進一退、さらに過ごしやすい気候になるまでにはもう一歩という感じ。見上げれば、大空のカンバスに刷毛で書いたような幻想的なすじ雲。正確には巻雲(けんうん)というのだそうだ。雲の種類を表す呼称は、こうしたいわゆる俗称に親しみがある。うろこ雲=巻積雲(けんせきうん)、わた雲=積雲(せきうん)、aikoの歌詞に出てくるひつじ雲は、高積雲(こうせきうん)。かみなり雲は積乱雲(せきらんうん)といった具合。こうした美しい雲や綺麗な夕焼けも、写真に収めようとすると鉄塔や電柱、電線が張り巡らされていて上手く撮れない事が多い。広い広い空を仰ぎ見るのも、ひとつの贅沢になってしまっている。時代は移り行くのだね。


11回の閲覧