名物は作られるものか。

2020年2月17日


スタジオに行った道すがらにあったお店が、3~4日前にテレビで取り上げられていた店だと気づいて一枚。お昼時、20人ほどの行列が出来ていたから、やはりテレビの力は単純に凄いなと感じた次第(アンジャッシュ渡部さんご推薦)。しかしここはまた、自分が3年ほど前まで籍を置いていた事務所の目の前。当時は肉汁あふれる餃子が人気のお店だったと思うけど、あれはどこへ行っちゃったんだろうか。意外と、入れ替わりの激しい立地なのかも。。よくよく調べてみるとこの店、すでに一定のファンを獲得しているカレー専門チェーン店の新業態。なるほど、そいう流れがあってオープン二か月目でも各方面から大きな注目を集めているのだな。自分としては、ぜひ行ってみたい!と思うまでの魅力を感じてはいないが、人気店の経営を維持するノウハウがあるのだから、相応のこだわりを持ってとん汁を作っているのだろうなという想像をめぐらすことが出来る・・・というのは、すでにアチラの術中にハマってしまっているのかしらん?さて、いつまで人気が続くやら、お手並み拝見だね。

でも自ら「名物」と謳うのは誇大広告というものじゃないかな、というのは厳し過ぎかな?