原点に立ち返る。

2022年3月15日


この頃は仕事で知り合った方々とLINEで情報交換をしたり世間話に興じたりすることが多くなった。コロナ禍でどんな仕事も制約に縛られて気軽に会話することもままならないために日々ストレスを感じることも多い。ほとんどの方が気さくに応じてくれる半面、気心の知れない相手とアドレス交換をすることに拒否反応を示す人もいて、この人ならばと思って声を掛けているだけに残念な思いをすることも稀にある。今日は直近で知り合った方と四方山の話をする中で「まめに参拝すると神様に喜ばれる」という言葉を聞いてふと感ずるところがあり、久しぶりに神社に出掛けようと思い立つ。そうだ、身近な場所にいくらもあるのに、お正月や観光で出掛けた先で参拝する以外足を運ぶことってないなあ。。それなのに困った時だけ神頼みをすると言うのは虫のいい話。もともと(善いことをすれば時々、神様が頭を撫でてくれるものだ)という信条がある自分、そうだ、きちんとご挨拶を欠かさないというのも大事だなと考え、仕事を終えた足で新宿の花園神社へ。ここは芸能関係の参拝者が多いことでも有名で、境内で演劇の興業が行われることも多い。そしてこの界隈は自分がマウスプロ時代は養成所生として、正所属の役者として6年間通った思い出の地でもある。かれこれ10年以上前のことになるが、養成所ではとにかく授業に取り組むこと、所属になってからは仕事をこなすことに集中するのみ、ゆっくりと景観を楽しむ余裕なんてなかったよね。同期生とも遊ぶこともなかったけれど、不義理をしていたのではなく自分には後が無かったので必死だったのだ。33歳、これでダメだったら諦めよう、と。何とかなって現在があるんだ。念ずれば通ず、諦めずに自分を信じた結果だったと思っている。原点を思い出そう。


かつて事務所へと通った道を通り、夜の花園神社へ。様々な思いを胸に参拝してきました。

感謝を忘れず、初心を忘れず。これですぐに何かが変わるとは思わないけど、気が引き締まるような新鮮な感覚が蘇ってきました。前へ進むのだ。僕は、この道をずっと歩んでいく。


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示