top of page

光を求めて。

2022年11月21日


午後からのZOOMミーティングは自宅にて問題なく終了。しかし摺り合わせたはずの日時を直前になって変更したり、開始時間10分後に入室してくるとか社会常識的に大丈夫なのかねと思える部分が多々あったものの、仲介者にそこを質すと「我々の意思疎通に問題がある」のが原因と聞かされたのでそれを信じることにする。しかし本音としては、大丈夫かねえ。


用事を終えて今日も病院へ。夕方から父と交代し、さらに姉とバトンタッチしての滞在。母の状態は残念ながら好転することはなく、少しずつ衰弱の度合いが増している様子。しかし数日前のように苦しそうな声を出すこともなくなり痰の量もやや減っている印象。時々薄く目を開けるので話しかける。顔色は決して悪くないように見えるのにね。でも母はまだ命を燃やしている。頑張っているのだ。こちらが頑張れないという理由はない。帰路に就く夜のプラットフォームは人影がなく寂しい。あと一体何回ここへ通うのだろうなどという思いが頭をかすめながら、ずっとそれが変わりなく続けばいいのにとも思ってしまう自分がいる。


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page