top of page

余韻に浸る。

2022年12月11日


自分へのご褒美として、ささやかな贅沢品を。ああ、この「余市」を買うのは一体何年振りのことだろうか。今の家へ引っ越してくる前(2015年以前)はごく普通に買っていたんだけど、ジャパニーズウイスキーの人気銘柄は常に品薄状態となって現在ではすっかり入手しづらくなってしまった。最近稀に山崎、響、白州を見かけることがあってもプレミア価格になっていておいそれとは手が出せない。このニッカの余市、宮城峡あたりはどうにか正価で買える感じ。まだ試したことのないイチローズモルトはそもそも流通量が少ないし。だが久しぶりに飲んでみるとやはりスムーズで飲みすく、落ち着いたピート香と上品な味わいはしっくりとくる。この至福の一杯こそが小さな贅沢・・明日の活力を得る一杯となるのだ。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page