top of page

不屈の精神。

2023年7月8日


3月にamazonで予約していたブルーレイが届く。製作60周年(!)を迎える不朽の名作、愛してやまないスティーヴ・マックィーン主演の「大脱走」。ことあるごとにバージョン違いのソフトがリリースされてきたけれど、恐らく今回で完結。ほんの数か所で放送禁止用語があったためカットされてきた日本語吹替版がようやく完全版として収録されたのだ。録画は持っていたけれど、こうしてディスクに収録されるまでのなんと長かったことか。差別を助長する目的で入れているわけではないのは明白なのだから、もっと早くから販売側は柔軟な対応をして欲しかったところ。何度繰り返して観たかわからないほどの作品、今さらここでレビューを書くつもりはないが、改めて観ると家弓家正(かゆみ・いえまさ)さんがアテたヘンドリー(ジェームズ・ガーナー)のべらんめえ口調が何とも小気味良い。「未来少年コナン」のレプカ役、「風の谷のナウシカ」のクロトワ役と言えばあっと思われるだろう(同じ宮崎作品では似通ったキャラクターの「ルパン三世 カリオストロの城」のカリオストロ伯爵役を宮崎氏本人よりオファーされたが辞退されている)。自分はWOWOW開局15周年を記念して製作されたアニメ「シュヴァリエ」のオルレアン公を演じた時、家弓さんの演技を下敷きとして大いに活用させてもらっている。策士、黒幕――石塚運昇さんや石丸博也さん(ジャッキー・チェンだけではない!)、中尾隆聖さんなど、腹に一物ある人物を演じたら抜群の存在感のある声優は多い。そうした方々の名演技をぜひ楽しんで欲しいものです。


都心で夜勤の仕事(7/2応募)→まだ連絡無し。

声優事務所の運営スタッフ(7/1応募)→まだ連絡無し。

6/30に面接を受けた飲食系の仕事→まだ連絡無し(回答期限7/10)。

派遣会社二社→連絡無し。

いずれも予想通りの展開。ミドル世代になっての職探しは本当に過酷、熾烈極まりないね。


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page