マックィーンごっこ―。「ハンター」(その1)

更新日:2月22日

2021年2月21日


先週、ストックがあるのに新しい靴を買ったと記していたが、奥さんと軽い気持ちで出掛けたドン・キホーテでまたもや長らく欲しいと思っていたものがセールになっているのを発見(何故このタイミングで!?)、ほんの少し逡巡はあったけれど、(これがいい機会ということなんだ)と都合良く解釈して買ってしまったのが1949年創業、アシックスの前身であるブランドのオニツカタイガー。このところ旧作の見直しでマニア熱が再燃しているスティーブ・マックィーンの(一応)関連アイテムとしてだ。何故ならばこのシューズのデザインが遺作「ハンター」の劇中で彼が履いていたものと良く似ているのだ。実際はThom McAnのJOXが正しく、映像を拡大するときちんと文字が見て取れる。だが一部のファンの間では長らく「オニツカタイガーのメキシコ66だ」という誤った情報が拡散されて訂正されぬままになっている(JOXと見比べてラインが一本多いことは一目瞭然なのに!)。トムマッキャンの実物が入手不可能な今、ルックスがよく似たオニツカタイガーで気分を味わうしかない。

ついでにM1911A1コルト・ガバメントのエアガンも購入。まあ持ち歩かないけどね(笑)


ラインの本数が違う。そして「JOX」の文字が確認できる。オニツカタイガーではない。

#スティーブ・マックィーン #ハンター #靴

9回の閲覧0件のコメント