フィジカル・ドラミング。

最終更新: 2019年3月18日

2019年3月18日 今週末は、ヘルプを頼まれた「ザ・スクエア・セッション」が控えている。目下のところ確定している自分の持ち曲は7曲。うち2曲がカシオペアなので、実質は5曲。どれも人前で演奏するのは初めてだ。きちんと練習していかないと失礼だからと、この日ようやく個人練習でスタジオ入り。2月頭に参加したジャズ・フュージョンセッション以来、実に44日ぶり(!)にドラムセットの前に座る。ナマケモノだと嗤うなかれ。そう、自宅練習が全くできないのが(ニッポンの都会住みの)ドラマーの辛いところなのだ。なので今日は細部を詰めるというより、リハビリ。演奏するためのコンディションに近付けるべく、手足の筋肉をやわらかくほぐしていく・・・そしていざ課題曲に取り組んでみると、ただ聴くと実際に叩くとでは大違い。ああ、やっぱり難しいんだな、ということを再確認。イメージトレーニングだけで簡単に演奏出来てしまったら何も苦労はない。本番までに、どれだけコンディションのピークを持っていくか・・・そう、ドラマーはアスリートなのだ。



0回の閲覧

Copyright © 1999-2020 RYUSAKU CHIJIWA. All Right Reserved.