ピンクと黒のエクスタシー。

2021年9月15日


近い将来にYMOのコピーバンド結成を実現せんとするための足掛かりのひとつとして本人たちが当時使っていたヘッドホンを(引き続き)物色している中、ノートPCで簡易作業をする際に使っていたワイヤードのイヤホンが断線してしまったので、これも適当な物を見繕ってAKGの324Pというのを調達。2007年のモデルですでに生産終了品ながら今も根強い人気があるもの・・・らしいけど、粗悪なコピー品も多く出回っているようで自分が手に入れたものの真贋は不明。カナル型にしてはかなりの低音でなかなか迫力があるので、本物ということにしておこう。さらにもう一つ、ゼンハイザーのHD414を探している中で見つけたPX200-Ⅱというのも入手。これも10年ちょっと前のモデルで、イヤーパッドは密閉型なのだけど小さめで形状は限りなくオープンエア―型に近く、折りたたみ出来るほどコンパクト。PCの作業が長時間に及んでくるとカナル型では物足りないけど密閉型では疲れる、というニーズの隙間を埋める中庸型のものも予備的に持っておこうとの狙い。さらにあれこれ見ているとAKGのY50というモデルがカラフルでなかなか可愛い。でも密閉型はすでにソニーのMDR-7506を持っているので買い足す理由がない。と、これのBluetoothモデルがあるじゃないか(カラーリングはシックだけど)。Bluetoothの密閉型は使った事がなかったので一本持っておくか!と購入(ユーズドです)。検索してもあまり見かけないピンク色のモデルが安く出ていたので奥さん用にとこれもゲット。届いたものを実際に使ってみると(当然ながら)カナル型より迫力が段違いだね。かれこれ10数年、カナル型のインナーイヤーばかりを普段使いにしてきた自分にとっては新鮮だ(外画のアフレコの際のモニターも自前のカナル型を使っているほど)。夏は暑いだろうけれど、真冬だったら暖かくて、イヤーマッフル(耳あて)の代わりにもなったりするんじゃないかしらん。


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示