ドラムバッグいまむかし。

2022年2月22日


一般に「ドラムバッグ」と呼ばれる、いわゆる筒形になっているバッグが好きだ。利便性や機能性からではなく、見た目。使い勝手を考えると決して理にかなった作りとは言えないと思うけど、コロンとした形が可愛いなあと思ってしまうのだ。でも、過去に購入したことは一度か二度しかない。十数年前にヘリー・ハンセンの小型のドラムバッグが安売りされていたので、ネイビーとバーガンディ―と色違いで手に入れた。とても気に入っていたものの、かなり使い込んでダメにしてしまった。ずいぶん前のものなのでネットオークションで探しても状態の良い中古品はなかなか出回らないようだ。それならばと購入したのがトミー・フィルフィガーの小型のショルダーバッグ(一応、円筒型)。このキャンバス地のバッグが中高生の間で流行ったのはいつ頃だったろうか?デザインやカラーのバリエーションが豊富でかつ、比較的安価だということも手伝ってひと頃は街中にこのロゴが溢れ返ったものだった(スクールバッグの主流になっていたよね)。しかし流行りと言うのは必ず「揺り戻し」があるもの。今でもこの手のバッグはドン・キホーテあたりで並べられてはいてももはやレトロなテイストのアイテムとして見られている。自分も当時はメッセンジャーバッグを持っていたけれど、使い込むうちに退色が目立つようになり、さらには時代遅れのデザインという印象が強くなって処分した。2022年の今、あえてこれを持つのは一つのシャレでもあり、また人と被る心配もないという点で気軽に使えるだろうと考えてのもの。中古だったのでシミなどの汚れが所々にあったけれど、石鹸をこすりつけて洗ったらすっかりキレイに。持ち手にあったヤケのような箇所も落ちたから、やって出来ないことはないというわけだ。

ポシェットのように小さいけれど、フラッと日帰り温泉に行く時などに使うつもりでいる。


忘備録がわりにもうひとつ。こちらは廃番になっているムスタッシュのドラムバッグ。自分が養成所からジュニアに上がった頃(16~7年前)のモデルで、専門店のほか東急ハンズにも並んでいたもの。フォルムと色使いが可愛くて(これ欲しいなあ、そのうちきっと買うぞ)と決めていたにも関わらずそのタイミングを失い、ついに手にすることがなかったものの一つ。古過ぎるのかメルカリ等で探しても出てこないね(数年前までは結構、出品されていたようだけど)。状態の良いものがあったら今でも買いたいなあ。時代は関係ないのだ!


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示