チェックな気分で。

2022年9月2日


しばらく前に買ったブラックレーベルの財布と合わせたつもりはなかったのに、新たに入手したNew Yorkerのキーケースのチェック柄が見事に一致。期せずしてのお揃いで、何となく新たな気分で清々しい。間違いなく訪れている人生の節目、でも派手なことは何もないし、劇的な変化があるわけでもない。粛々と、日々を生きていられることに感謝して精一杯やるのだ。結果はあとからついてくる。評価はきっと得られるもの。そう信じて、前へ進もう。


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示