コンディション・グリーン!

2021年5月18日


仕事へ出掛けるため愛車エスケープ号(クロスバイク)を駆って住宅街を走り抜けていた際、舗装道路に出来ていた穴を踏んだ途端にガクン!と強い衝撃があった。しまった・・・これはチューブがやられたかも、と思いながら駅へ着いたところで後輪がシュゥゥと萎んでしまった。あぁ、タイヤもかなり摩耗していたし、そろそろ変えねばなあと思っていた矢先のこと、これが今が変え時だという知らせなのだろう。ここだと決めていた自転車屋が何と定休日、接客について大いに不満があり【もう二度と行くもんか!】と心に決めていた至近のサイクルベースあさひ(もともと自転車はここで買った)に結局、駆け込むことに。午前のすいている時間だったからかは分からないが、例の無表情でかつ修理の追加オプションを強引に勧めてくる中年女性店員の姿はない。作業中の若いお兄さんにパンク修理とタイヤの交換をしたい旨を伝え、一番廉価なタイヤを指定して依頼。その足で、奥さんと保険の契約をする必要があったため近所のモールへ行き、二人で昼食を摂ってから自転車屋に戻り修理を終えた愛車を拾う。タイヤとチューブをともに前後交換し、作業費を入れて一万円越え。毎日酷使するものだし、最近はちょっと遠出もするようになったので常に安全に使える状態にするのは必要なこと。・・・でも、突然のことだったので急な出費がちょっと痛かったかな。まあ、足回りはパナレーサーになってバーストの心配は減ったし、結果オーライかな。


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示