top of page

ゲームオーバー。

2023年4月8日


必死にしがみつき続けた一か月半。大きな問題を起こしたというわけではなかったけれど、大きく出遅れた感は否めず、コイツ何やってんだという冷ややかな視線を受けるのももはや耐え難く、自分を解放する最も容易い手段――ケツをまくって全てを放り出す、つまり逃げを打つという結果を選んだ。このようになったことを惜しむ人は誰もいないだろう。自分が居なくても世の中は何事もなかったように動いていく。自分は生きる道を模索するのみだ。


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page