top of page

ギョラン・ギョラン。

2024年1月23日


無類の「わさび漬け」好きの自分。大別して伊豆(静岡)と信州(長野)のものがよく知られているが、素朴で田舎風の信州の物よりも歴史ある伊豆の商品群に親しみがある。酒粕の味がもともと好きなのか、元を辿れば中高生時代に叔母が毎年送ってくれた「松浦漬け」という佐賀県の名物(鮫の軟骨を酒粕に漬けたもの)が好きだった影響もあろう。二十代の頃によく行った伊豆高原(安く泊まれるペンションが多かった)で、お土産に買って帰るのはわさび漬けが定番だった。そこから派生して、酒の肴として売られている「数の子わさび」も大好き。ところがこちらは数多くのメーカーが扱っているものの殆どの物が肝心の数の子がちっとも入っていないものばかり(大根が山のように入っている)。期待して購入してもガッカリ・・・ということが多いのだけど、ロピアで売っているこちらの商品はどこをつついてもほぼ数の子、というのだから嬉しくなってしまう。数の子は父も好きだから近頃実家へ行く時はこれを買っていく。家の近所にロピアは無いのだけど、時々電車で遠回りをしてわざわざ買いに行くのだ。これは本当にお買い得だし、おすすめ品。ぜひともお試しあれ!


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page