やるのなら徹底を。

最終更新: 6月4日

2021年6月3日


神奈川県相模原市某所。テレビのバラエティ番組でもよく取り上げられているのでご存じの方も多かろうと思うが、昭和レトロな懐かしい自動販売機が数多く集められ、現役で稼働している場所がある。今の自宅からは距離があるが、以前住んでいた家からはほど近い。かねてより大いに興味がありつつなかなか行く機会がないままだったのだけど、早朝、自転車を漕いで単身出向いてみた。が・・・時間が悪かったのだろうか?食べ散らかしたうどんやそばの汁が入ったままの丼、ゴミ屑等々・・・気を取り直して貴重なアンティークの自販機に目をやる。話題になりそうな麺類やハンバーガー、カレーなどはしっかり補充されているがそれ以外はほとんどが売り切れ状態、お菓子や酒など変わりダネもあるがやはり購入不可。相当数の古い古い自販機たち、管理は大変だろうが、それ以外に整備されて利用者が楽しめるような設備はないのでアミューズメントパークのようなワクワク感がない。せっかくここまで集めた自販機が半数以上置き物状態で、どこか物悲しくなってしまうほど。オーナーは趣味で集め始めたと聞いたことがあるが、公の場でサービスを提供しているのだから、それ相応の設備を設け管理を徹底しなければならないのではないか。これは本当に、残念だ。。


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示