top of page

もう一人の「お母さん」とのお別れ。

更新日:2023年11月11日

2023年11月10日


事務所デスクからの一斉メール。

声優・北浜晴子さんの訃報──ああ、ついにこの日が来てしまった・・・

享年86、当たり役は何と言っても海外シチュエーション・コメディ(シットコム)ドラマの草分け「奥様は魔女」のサマンサ役。中村正さんのオープニングナレーションもお馴染みでしたね。自分は30年前、かつて渋谷にあった東京演劇学院声優科で最初に教わった恩師でありお母さん的存在でもありました。アニメ「マジンガーZ」のあしゅら男爵の恐ろしげなイメージもあるでしょうが、みなしごハッチの女王様や海のトリトンのルカーなど優しい役柄も多かったのです。レッスン後の食事やお茶の席もご一緒してくれ「ちっち(自分のこと)ならやっていけるだろうから頑張りなさい」といつも励ましてくれました(それが長年心の支えになっていた)。カネボウCMのナレーションに長らく指名され、銀座ジュエリーマキのCMほかでもお馴染みでしたが、2000年代以降は第一線からはほぼ退いておられ、教え子たちで再会を希望してもやんわりと断られていました。たとえ返事が来なくとも節目毎には手紙を書き、(自分もお母さんと同じく海外シットコムの主役レギュラーという幸運に恵まれたのですよ!)としたためていましたが結局もう一度お会いすること叶わず、ずっと覚悟はしていましたがただただ悲しいです。劇場版「銀河鉄道999」のクイーン・エメラルダス役は田島令子さんですが、予告編では北浜さんがアテています。ナレーションの城達也さんと収録でご一緒だったのか、あの端正な格調高い声は本当に素敵だったわとうっとりするように語っていたのが印象的でした(インタビュー等でも、サ行に破裂音が出ない一語一語なめらかな城さんや黒沢良さんのような正調派の声に憧れる、と答えておられました)。

皆さん、「奥様は魔女」をはじめとする北浜晴子さんの声を、仕事を・・どうかこれからも忘れずにいてくださいね。お母さん、もう一度会いたかったよ。。


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page