top of page

どうしてこうなった。

2023年6月9日


サントリーの「山崎」「白州」が入手困難になって久しい。ニッカの「余市」や「宮城峡」「竹鶴」などはようやく安定して供給されるようになったように見える。前者も少しずつ市場に出回るようになっているが、まず間違いなくプレミア価格なので適正な入手方法であるとは言い難い。ジャパニーズウイスキーはいまや世界的にも認められる品質で人気も高く、ヴィンテージ物は投機の対象ともなっているほど。なんだ、お酒を美味しく飲んで楽しむという本来の目的、意義から遠く外れているのは由々しき事ではないか。自分はウイスキーはもちろんハイボールも好きなので、打ち上げでまずビールで乾杯したら、ほどなくハイボールに切り替える。「ビッグバン★セオリー」の収録後の飲みではハイボール派の自分とシェルドン役の安達くんとでよく飲んだし(彼の場合は一杯目からだったような・・・)、行きつけのお店では白州ハイボールもよく飲んだなあ。昔は鳥貴族のレギュラーメニューだったのに今は姿を消してしまっている。どうしてここまで高嶺の花になってしまったのだろう、と思っていたら、このほど発売された缶入りの白州ハイボール、定価が600円だとな!!これはいくら何でも価格設定が強気過ぎる。かなり以前に売られていた際には330円前後だったと記憶しているが、その時でさえお高めだなあと思ったもの。足許をみてはいかん!


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page