ちぢぃー、iPhone修理に出す。

2021年1月12日


2016年の秋から使い続けている愛機、iPhone7Plus。ライトニングケーブルを接続するドックコネクタが緩くなったのは機種変して1年も経っていない頃(雑に掃除をして自分で緩くさせてしまった)。以来、純正のケーブルはまず認識せず、民生品を何本も取り換えながらだましだまし使ってきたが、ついに何をどうやっても反応しなくなってしまった。ここ最近は細く切ったガムテープをコヨリのように差し込む秘技(?)で乗り切っていたが、それが全く効かなくなってしまったのだ。奇しくもiPhone12の予約をしたのが昨年末。いまだ入荷の連絡がない中でのアクシデント、もう乗り換えるつもりでいるのに・・・と思いつつも、日々の使用に支障が出るのはやっぱり困る。仕方なく、パソコンで怪しげな修理業者を調べて「ドックコネクタの交換費用が安い」と紹介されていた店へ駆け込み修理を依頼すると、見積もりは何と1万5千円!!四面楚歌で泣きっ面に蜂、それでももはや乗りかかった舟だと諦めて承諾し、直してもらった。普通に修理に出せば良かったのでは?と言われそうだけど毎日酷使して手放せないツールなのだ、これくらいの費用をケチってはダメなんだろうな。かくして購入当時のように問題なく充電出来る状態に戻った愛機、せっかく直したのだから年度末ぐらいまで使ってやるかなあ。それにしても想定外の出費はフトコロに響くね・・。


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示