さよならあたし、さよならオレ。

2020年4月13日


志村けんさんの訃報から間を置かずに、大林宣彦さん逝去の一報に、心の整理が出来ない。いずれも思い入れ、想い出がありすぎて、色々書き置いておきたいと思ってはいても冷静にキーを打つことが出来ずにいる。大林監督の死因がコロナ禍にあったわけではなかったのは僅かながらに安堵したが、深い悲しみで心が痛い。特に大好きだった作品「転校生」については旧ブログで何度も書いてきたので、改めて同じような記事を上げる必要もなかろう。

追悼の意味も込めて、今日はもう一度、この愛すべき作品を見返すことにしよう。