あこがれの「ウルトラハット」。

2021年11月19日


無事ゲット致しました!コストがかかっているせいか、特別価格1,280円とはかなり強気💦

ネタとしてSNSに投稿したらこれが大ウケで、しばしスレッドが湧きました。反応しているのは同世代のおともだちばかり(笑)、きっと編集部もこういう流れを狙っていたんだろうねえ。日本テレビで毎年放送されていた特別番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」の最後の放送が1992年、ただ一度の復活版が1998年。現在幼稚園児のお子さんをお持ちの親御さんとてリアルタイム世代の人は少ないはず。今回の附録を企画したのもきっとご同輩でしょうなあ・・・そう、つまり50代ともなれば職場において役職に就き、発言権を得るに至った方も多いわけで、そういった方のゴリ押しも多少利くのでは?(笑)いつだったか、高橋幸宏氏が色々な場で仕事で関わる人が今となってはいわゆるYMO世代ばかり、「とても仕事がしやすくなりました」と笑って話されていたことがあったっけ。懐かしネタで盛り上がるのは楽しいけど、若い方々を置き去りにするのも正直、気が引けるところがあるんだけどね。


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示